FP試験受けてみて(会場運営編)

雑記

はじめに

 本日(2021年5月23日)FP試験3級受けて来ました。というより、試験の昼休みに書いています。そこで受けてみての当日思ったことや、当日の状況をお伝えします。

 受けた地域は関西ということで、特に緊急事態宣言下での開催でしたので、その辺りをお伝えしようと思います。

コロナ対策については及第点か

 駅から人が溢れかえっていました。試験開始30分前から入室可とのことなので入り口前に人だかりがあり、密とは言わないまでもかなりの人がいて不安になるくらいでした。

 そして入室開始になっても入り口前で検温を実施していたこともあり、少しずつ入室しているので中々列は途切れませんでした。

 ただ、アルコールなどはたくさんあり、その辺りは感染対策は一定程度なされていたと思います。また会場内も私が見る限り十分な距離を空けて解放的な感じで設定されていました。ただ所々欠席の方も見受けられましたので、コロナで大事をとった方もいたのではと想像されました。

また現在の体調についての報告書も提出させられました。

入室時間についてはギリギリでも大丈夫?

 試験時間の20分前に着席しておいてくださいとのことでしたが、当日のコロナ対策などがあったためか全く入りきれませんでした。入室したのはもろもろ落ち着いて開始の10分前くらいでした。今回の試験では全く問題ありませんでした。

途中退室についての混乱

 試験開始1時間後から試験終了10分前まで途中退室可と書いていましたが、本人確認の確認が終わっていないという理由で開始1時間半くらいまで退出できませんでした。

 説明もあまりなく、イライラされている方がかなり多かったように見受けられます。途中退室可になったらほぼ全員退出していました。

 そして、誰に回答用紙を渡すのかなどもよくわからず怒涛のように出口に皆が向かっていました。本人確認よりも、退出時の混雑緩和の方が大事では?とも思いました。国家資格だから厳密なのかなとは想像されましたが、少しお粗末な運営に感じられました。

トイレについて

 やっぱり女性用トイレは常に混んでた印象でした。男性用トイレは余裕があったのか並んでいるところは見受けられませんでした。

食事について

 今回のFP試験は午前午後に分かれているので、昼ごはんは必須です。今回の会場では屋根がある場所が限られていたので、もし雨が降っていると食べるところがないところでした。もし雨降ってたら密になっていたことを思うと少し恐ろしいです。晴れてよかったです。

最後に

 いろいろと思うことがあり書きましたが運営の方お疲れ様でした。まだ昼からの実技があるのでそちらも頑張ろうと思います。こんなブログ書いてて落ちたら情けないので頑張ります。勉強の内容などについては、また別の回で書きたいと思います。

管理人
梅干し大吟醸

病院で働いている臨床経験約10年の臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士です。心理士の視点から見たさまざまな事柄を書いていきたいと思います。

梅干し大吟醸をフォローする
雑記
梅干し大吟醸をフォローする
梅干し大吟醸の「心理のブログ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました